ホーム / センターの紹介 / 設置理念・目的

設置理念・目的

工学研究科で学び働く人々の快適環境をサポートします

image_thumb.jpg

工学研究科附属環境安全衛生センターは、工学研究科を環境にやさしく安全衛生に配慮した教育研究にふさわしい場にすることを目的とし、労働安全衛生法等の安全衛生関係諸法令の遵守ならびに環境マネジメントシステムの構築に向けた業務を一元的に行います。

本センターでは作業管理、作業環境管理、健康管理について専門の教員・技術職員を配置し、作業環境測定や化学物質管理システムの運用などを通じて、工学研究科の教育研究活動をサポートします。